神戸市シルバーカレッジ学園生活はクラブ活動、ボランティア活動を紹介しています。
学園祭
更新依頼
クラブ活動
語学・文化・生活
自然・旅歩き・菜園
スポーツ
音楽・芸術・ダンス
ボランティア活動
ふれあい
園芸・農園
おもてなし
文化・教育
もよおし
手づくり
神戸シルバーカレッジ
神戸シルバーカレッジ
学習予定表
情報誌「爽風(そうふう)」
グループ「わ」
同窓会
学友サイト



2016年 神戸シルバーカレッジ学園祭

2016年10月8日(土)、天気予報では午後から雨となっていましたが、第22回学園祭を開催していた神戸シルバーカレッジの会場は、雨に見舞われることもなく、在校生、OB、一般の方々のご参加を得て盛況のうちに、無事終了することができました。心から御礼申し上げます。
さて、今回の学園祭は、模擬店等の出店は27団体、出展・展示は15団体、ステージ出演団体は30団体と過去最多のものとなり、学園祭の盛り上がりに大いに貢献して頂きました。
振り返りますと、学園祭当日の約半年前から総務、渉外、ステージ、屋外、展示、バザーの各実行委員や支援員の方々には、綿密な準備活動や学園祭本番の裏方を最優先に活動して頂きました。
今回の学園祭のキャッチフレーズは「輪の力、試そう、見せよう学園祭」でしたが、この文言どおり、我々の学園祭はまさしく皆さんの手作りのイベントであることを再確認する結果となりました。本当に有難うございました。
次回の第23回学園祭の運営に当たっては、活動予算の安定的確保や飽和状態となっているステージ出演団体の選定等の懸案事項もありますが、今や地域の風物詩となった伝統の学園祭の開催に影響を与えるほどのものではないと確信しております。
カレッジ事務局の方々を始め関係者の皆様には、引続きご支援、ご協力を賜りますことをお願い申し上げまして、簡単ですが今回の学園祭の総括と致します。

第22回学園祭実行委員会
総合実行委員長
音楽文化専攻第22期
  片西正美

2015年 神戸シルバーカレッジ学園祭

2015年10月10日(土)、天候にも恵まれ、「第21回神戸市シルバーカレッジ学園祭」は、在校生、OB、ご家族、神戸市民の方々の参加を得て開催し、盛況の内に無事終了することができました。改めて参加者全員の方にお礼申し上げます。

学園祭の模擬店等の出店は23団体、出展・展示は15団体、ステージ出演は27団体に及び、学園祭を大いに盛り上げていただきました。
また、今年度は366件もの応募をいただき、”心の輪、絆広げる学園祭”をキャッチフレーズに選び、カレッジ生の力を結集して準備を進めました。

会場には、在校生をはじめ一般市民の方々で昨年を上回る来場者があり、中庭、ロビー、カレッジホールはあふれんばかりの多くの人で賑わいました。

チャリティバザーでは多くの方から物品提供を頂き、当日のバザーも大盛況で、改めて御礼を申し上げますと共に、チャリティバザーにご協力頂いた方々、学園祭を盛り上げて頂いた出店・出展・出演の各団体・各クラス、及び運営をサポートしていただいた支援者や各クラブの皆様、大型看板を製作頂いた美術工芸コース1年生、玄関前を園芸のモニュメントで飾って頂いた園芸1年生の皆様、ホール前を生花で飾っていただいた松岡節子様をはじめ生環2年生の皆様、キャッチフレーズを書いて頂いた黒木早苗様(食文2年生)、そしてご指導、ご協力を頂いたカレッジ事務局の皆様に心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

    チャリティバザーのご報告
  • バザー用物品提供者数 : 434名
  • バザー提供物品数 : 1,880点
  • バザー売上金額 : 345,060円(内 オークション売上 106,745円)

なおバザー収益金は、学園祭の運営費用、しあわせの村内施設への寄付金等に活用させていただきます。

2015年10月16日
第21回学園祭実行委員会
総合実行委員長
三木広志、藤原道子

2015年学園祭ステージ案内・イベント案内

2015年学園祭 キャッチフレーズ

2014年学園祭の風景


2014年 神戸シルバーカレッジ学園祭の風景