神戸市シルバーカレッジ学園生活はグラブ、ボランティア、地域活動を記載しています。
クラブ活動
語学・文化・生活
はじめての短歌
俳句クラブ
川柳くらぶ
英語クラブ
中国文化同好会
KSCハングル同好会
KSCスペイン語同好会
パソコンクラブ
KSCインターネットクラブ
KSCフリーソフト倶楽部
囲碁クラブ
KSC将棋クラブ
放談クラブ
うまいもん倶楽部
KSC映画サークル
菊クラブ
楽しくハンドメイドの会
クラブ活動
体育系
旅行・野外活動
文化・語学・パソコン
音楽・芸術
ボランティア活動
ボランティアセンター
ふれあい
園芸・農園
おもてなし
文化・教育
もよおし
手づくり

川柳くらぶ  過去の作品 (2017年04月~)

2月の作品 (2月28日(金)句会)
  兼題句「地下」

地下室の奥から漏れてくるうふふ稲垣のぶ久
七年を蝉の不幸と言わないで中井芳樹
マリオ君今年地下から帰るかな水船 修
地下足袋とニッカポッカが粋だった渋谷訓生
デパ通い昔屋上今は地下水谷 毅
宇宙からカミオカンデに贈物原 三郎
地下街の迷路に悩む星明かり千足 千
映画では半地下暮らし大儲け横畠和美

  自由句 

人間がたった一つの菌に負け水船 修
勉強になったと去って行く敗者稲垣のぶ久
妻逝きて静かに去ったぼやく人原 三郎
千人の心縫い込む赤い糸千足 千
カレッジよ蛍の光友の顔渋谷訓生
大船に乗ったつもりが降りられず水谷 毅
しもやけに寒の戻りが噛みついた中井芳樹
恫喝を恥と思わぬ議員たち  横畠和美

1月の作品 (1月24日(金) 句会)
  兼題句 「湿る」

湿っぽい話はどうぞ乾燥機中井芳樹
今日も雨錆びる脚腰気合い入千足 千
芸術品まだらに湿る障子貼り原 三郎
含み損増えて気持ちも湿りがち水船 修
湿っぽい話はやめて乾杯だ渋谷訓生
花と肌湿り気保ち春を待つ水谷 毅

  自由句 

大地震生死を分けた20秒水船 修
嫁不在鼻唄も出るカップ麺中井芳樹
停車中乗ってしまった夜行バス原 三郎
マドンナに会ってがっかりクラス会渋谷訓生
走馬灯二十五年の時刻む千足 千
市民無視あほ馬鹿辞めと泉沸く水谷 毅

12月の作品(12月13日(金) 句会)
  兼題句   句題 「風」 

ウィルスが風にまかせて飛び回る水船 修
シューシューと骨の隙間に黍嵐千足 千
元旦のいつもの風が新しい稲垣のぶ久
信念を曲げず生きたい風見鶏水谷 毅
北帰行小雪強風ものとせず   原 三郎
平穏を祈りくるくる風見鶏中井芳樹
日の丸を必死にあおる北の風渋谷訓生

  自由句 

青春を捨てた蟻の巣這い上がる千足 千
ロボットがタコ焼き焼いてソース付け水船 修
会う人が結ぶネクタイ選っている稲垣のぶ久
猪の痕跡を背に塩むすび中井芳樹
酒たばこ俺は高額納税者渋谷訓生
新庁舎長田に薄日差しますか原 三郎
紅葉映えさくら眠れぬ永田町水谷 毅

11月の作品(11月22日(金) 句会)
  兼題句   句題 「一」 

野党さん掛け声ばかり一二三渋谷訓生
あの頃の君が一番好きだった中井芳樹
川柳の一手先がまだ読めぬ水船 修
年一度安否確認年賀状水谷 毅
南から紙一枚の帰還兵稲垣のぶ久
一升酒抱えて友と紅葉狩り千足 千
一夜漬け教師の癖に賭けていた原 三郎

  自由句 

飲食費誰が払うの花見会渋谷訓生
さくら散りねずみの年は安倍月見水谷 毅
一軒家のぞき見趣味は誰も好き水船 修
箱の隅突く箸先小言言う千足 千
憂鬱は畑の土に混ぜておく中井芳樹
釣り渡船今日一日は宝船原 三郎
正直な人は勝てない七並べ稲垣のぶ久

10月の作品(10月25日(金) 句会)
  兼題句   句題 「渡る」 

世渡りの下手な人ほど優しくて原 三郎
世渡りの術は忘れて好々爺中井芳樹
年金で三途の川も渡れない渋谷訓生
男気で赤信号を渡りだす稲垣のぶ久
この橋を渡れば元に戻れない水船 修
スマホ買いラインに渡る勇気いる小西 茂
石橋を 叩いて渡る惨禍の後水谷 毅
渡ってもたどり着かない虹の橋千足 千

  自由句 

柿一つ残して秋が逃げて行く 千足 千
私だけ知らなかったという喜劇稲垣のぶ久
赤い羽根シールになって愛を継ぐ中井芳樹
ドローンに爆撃されて打つ手なし渋谷訓生
二重橋渡るとなると背中ピン原 三郎
夏過ぎて飽きてないのにこの寒さ小西 茂
一発のミサイル時を進ませる水船 修
ボンカレー口にほんわか目に痛み水谷 毅

9月の作品(27日句会)
  兼題句   句題 「らしい」 

拗ねた目があなたらしいと冷めた声中井芳樹
屋台酒旅の一夜の恋らしい千足 千
ゴキブリも生きたいらしい逃げ惑う水船 修
旨いらしい孫手づかみで喜んで宮田英垂
おひれつく噂話はしはそうらしい渋谷訓生
友は皆スマホ持つらしい孫が言う小西 茂
俺らしく生きる 鏡を持たないで原 三郎
それらしい橫綱消えて土俵泣く水谷 毅
見栄張ってらしさを見せる包装紙稲垣のぶ久

9月の作品(27日句会)
  自由句 

運動会天に拡げる鼻の穴中井芳樹
備中へ犬のお供で登城せし千足 千
ちこちゃんの様にはいかぬぼ~と生き水船 修
資格取る目途(もくと)ないけど学ぶ老い宮田英垂
敬老日祝ってくれた孫五人渋谷訓生
内緒よね  もしかもしかの 立ち話小西 茂
あなただけこのお誘いは罠らしい原 三郎
天高く秋刀魚も高く税高く水谷 毅
山彦の返ってこない片想い稲垣のぶ久

2019年8月
  夏休み中にて、川柳くらぶもお休みです 

7月の作品(26日句会)
  兼題句   句題「泳ぐ」 

泳がしたおっとどっこい逃げられた渋谷訓生
鯱(しゃちほこ)が一度泳いでみると駄々宮田英垂
海泳ぐ魚は知らずプラ食す水船 修
リハビリは泳がず歩くもう飽いた大串 修
スイミング孫はプールで俺ベッド水谷 毅
オムツ穿く二歳児泳ぐこのプール原 三郎
泳ぐ目に嘘を見抜いた雨の夜千足 千
目が泳ぐ謝罪会見週替わり中井芳樹

7月の作品  自由句

日韓の気品なくした泥外交水谷 毅
子別れのカラスにねむり破られる大串 修
散り散りの家族LINEで今日も会う原 三郎
目を瞑る雨音の中君恋うる千足 千
さあ乾杯ビールのようなお飲み物中井芳樹
G20おもてなしして蚊帳の外渋谷訓生
三億の彼方かぐやが持つロマン宮田英垂
やめてんか源泉風呂のひとり占め水船 修

6月の作品(28日句会)
  兼題句   句題「夏至」 

半夏生蛸を肴の宵の口千足 千
宙を飛ぶ宇宙飛行士夏至はいつ水船 修
夏至に咲く紫陽花予防に氷水水谷 毅
ごはんだよ暗くなるまで遊んでる渋谷訓生
夏至迫り身を潜めてる明石蛸中井芳樹
温暖化夏至より先に猛暑きた大串 修
夏至だって春秋分けの日を望む原 三郎
スニーカーをがっかりさせた夏至の雨稲垣のぶ久
冬至でも夏至でもゴミに鳴くカラス宮田英垂

6月の作品  自由句

不都合が最前線を陣取って千足 千
黙ってるドラレコ事実語りだす水船 修
虐待か老後不安の二千万水谷 毅
二千万閻魔様でも呆れ顔渋谷訓生
ニンニクを吊るしてみても蚊に効くか中井芳樹
断捨離で焦ってるのに「足す」なんて大串 修
幅広のネクタイで行く家族葬原 三郎
強がりを言っても匂うサロンパス稲垣のぶ久
ガチャガチャと喋りつランドセル駆ける宮田英垂

5月の作品  兼題句   句題「茶」 

仏前と話す合間の梅昆布茶千足恵美子
茶柱は星占いに勝てるかな中井芳樹
支持政党聞かれたときはお茶濁す渋谷訓生
お茶だけとわざわざ念を押さんでも稲垣のぶ久
朝ドラが終えて茶の間が動き出す宮田泰之
熱い茶を汗もかかない刀自(とじ)涼し大串 修
生き甲斐の一つになった茶飲み会水船 修
山の茶屋早朝登山飲む褒美原 三郎

5月の作品  自由句

瓜二つ生きた証の孫の顔千足恵美子
へぼ将棋横から口出す嫌な奴渋谷訓生
久久に手を繋ごうかバラの花中井芳樹
恋という錯覚が愛産み育て宮田泰之
ミサイルを飛翔体とはぐらかす水船 修
一人旅吸えない空気吸うんだよ原 三郎
宇宙(そら)の謎思い憤懣鎮まれり大串 修
三食に薬一品付いてくる稲垣のぶ久

 4月の作品  兼題句 【句題 元号】 
   
和のこころ万葉集は宝箱水船  修
平成と色紙を持った人は誰渋谷 訓生
令和にも欲しい戦のない流れ稲垣 のぶ久
四代を生き抜く母の底力千足 恵美子
平成の先にもきっと震度七原  三郎
指折って昭和生まれの年かぞえ大串  修
改元に万葉人(びと)がヨーイドン中井 芳樹
和をもって貴しとせよ国書説く宮田 英垂

4月の作品  自由句

年金にも特権がある昼の酒稲垣 のぶ久
年長の新入生の袖を引く中井 芳樹
ちちんぷいぷい魔法をかけて朝が来る千足 恵美子
癌告知わなわな拳膝頭宮田 英垂
他の為に思っていたが他の世話に水船  修
十代の天才を生むああ平和原  三郎
初恋の歳かこの子のお祝いは 大串  修
連休はテレビごろ寝で引きこもり渋谷 生
十連休犬は喜び猫は泣く水谷  毅

3月の作品  兼題句 【句題 車】
 
気になるな真っ赤なベンツどんな人渋谷 訓生
下車できず長いトンネルG学習山本 良枝
臆病に外車を避けて通ります北原  裕
各論になるとさ迷う救急車稲垣のぶ久
車いす地下鉄辛い回り道原  三郎
功罪を地球に問うている車中井 芳樹
危機一髪ながらスマホの運転手大串  修

3月の作品  自由句

春うらら居眠り誘う波の音渋谷 訓生
悪ガキの溜まり場今やババたちが山本 良枝
定年でぽっくりいかず生きている北原  裕
がん告知友を励ます辛いウソ稲垣のぶ久
蔵開きまるで花見か芋煮会原  三郎
コンビニは歩いて行ける距離なのに中井 芳樹
反省はサルにそっくりポーズだけ大串  修

2019年2月のお題 「洗う」「上手」と、自由句 

 
 洗おうか娘残した縫いぐるみ原 三郎
 洗いざらい聞いてしまって共犯者稲垣 のぶ久
 それとこれそれとあれとは別洗い中井 芳樹
 洗っても拭いきれない過去の罪北原 裕
 大いなる遊びと知れり学ぶとは安東 妙子
 閑谷の学び舎訪ね背筋伸び大串 修
 選ばれず我慢を学ぶ川柳で亀野 勝則
 何故生んだ親を選べぬ子かなしき石井 和子
 野良猫がポチに唸って春近し大串 修
 なんて差だマグロ三億俺百万奥村 十九昭

2019年1月のお題 「スプーン」「上手」「なびく」  
 ひと匙の嘘振りかける過去の恋安東 妙子
 味付けは匙一つより目分量小西 吹子
 根に持たぬ忘れ上手な通り雨稲垣 のぶ久
 上手い人見えぬ努力の積み重ね大串 修
 上手には付き合い難い強き自我安東 妙子
 聞き上手言われ自分はあとまわし小西 吹子
 手を打ってハイハイ上手えびす顔渋谷 訓生
 子になびくあんたの介護誰がする山本 良枝
 友二人尾花のなびく中歩く石井 和子
 なびかせて振り向き美人古希迎え小西 吹子

2018年12月のお題 「煙」

1位 迷うなよ天へ帰っていく煙稲垣 のぶ久
2位 泣く笑う煙にかくす人生を荒井 貴美子
3位 煙に巻くその話術には要注意小西 吹子
3位 疑わぬ蒸気機関車男だな原 三郎
3位 旅の果てああ桜島噴煙よ大串 修
3位 その気でも浮き名を流す煙無し奥村 十九昭
3位 車から野焼きの煙母想う石井 和子

2018年11月のお題 「相手」

1位 腹の立つそれも相手がいればこそ小西 吹子
2位 百年の恋の相手と梅茶漬け中井 芳樹
3位 コーヒーの相手のいない休刊日稲垣 のぶ久

2018年10月のお題 「豊か」

1位 手を合わせこころ豊かに四国路を渋谷 訓生
2位 ブータンの豊かさ三日あれば良い原   三郎
3位 秋祭り豊作願う人は老い小西 吹子

2018年9月のお題「酔う」

1位 三合でまだ治まらぬ腹の虫稲垣 のぶ久
2位 恋に酔い終着駅はイバラ道奥村 十九昭
2位 酔ったふりしてみたかった頃もあり小西 吹子
3位 この頃はただ人混みに酔うような荒井 貴美子

2018年8月 

夏休み中にて川柳くらぶもお休みです。
1位  
2位  
3位  

2018年7月のお題 「星座」

1位 二人だけきらめく星座須磨の浦渋谷 訓生
1位 山の宿星座見上げて首を凝り壽  和洋
2位 いつ見ても想いは遠い大三角川崎 貴子
2位 北斗星教えてくれた友も星稲垣 のぶ久
3位 露天風呂見上げれば星降りそそぐ石井 和子
3位 さそり座が赤く輝く老年期大串 修
3位 君と僕星座の軌道いつズレた北原 裕

2018年6月のお題 「帽子」

1位 綿帽子あの日の君の影もなし山本 良枝
2位 呑みすぎを隠す帽子の深かぶり安東 妙子
3位 新しい帽子被ってみる角度稲垣 のぶ久
3位 想い出す麦わら帽子父の顔亀野 勝則
3位 帽子、靴好きな女に要注意馬場 康子
3位 父憶う匂い滲みてたあの帽子小西 吹子

2018年5月のお題 「登る」

1位 人生は遠くて高い山登り川崎 貴子
2位 槍穂高まだ捨てられぬ登山靴稲垣 のぶ久
3位 山登り天まで昇る人もいる劔持 之孝

2018年4月のお題 「笑う」

1位 笑うけど待てど暮らせど福来ない亀野 勝則
2位 ”よく笑う”ストレス減らすカギはこれ北田 須美子
3位 カサカサの心笑顔で保湿する山本 良枝

2018年3月のお題 「風」

1位 さびしいね風のたよりに聞く別れ石井 和子
2位 我が夫婦いつの間にやらすきま風亀野 勝則
3位 蕗のとう風を見つけに顔を出す板脇 英子
3位 風吹くな隠してあるの頭頂部山本 良枝

2018年2月のお題 「痛い」

1位 痛いとこ突かずに今も友続け星野 正一
2位 目出たいが御祝儀続き痛いなあ松井 美都
2位 楽しくてつい気を許し痛い目に馬場 康子
3位 痛い目に遭ってようやく卒業す大野 佐由美

2018年1月のお題 「夫(おっと)」

1位 妻を立て家内安全生きる術 川崎貴子
1位 夫婦でも外では他人知らんふり  奥村十九昭
2位 ペット並み夫フードが置かれてる  山本和彦
2位 よく似てるごろ寝の夫アザラシに  佐藤昌弘
3位 古はあなたと呼ばれ今ちょっと  劔持之孝
3位 夫の名終活ノートイニシャルで  山本良枝

2017年12月のお題 「高い」

1位 背と鼻が高いだけでも儲けもの板垣 英子
2位 徒歩帰宅タクシーよりも高くつく   亀野 勝則
3位 3高を求めすぎてか今ひとり     星野 正一

2017年11月のお題 「魔法」

1位 マドンナに愛の魔法をそっとかけ  吉田 利秋
1位 女は皆魔法使いよ鏡前   馬場 康子
2位 古希祝い魔法の杖を願い出る    荒井 貴美子
3位 魔法かけ昔の二人に戻りたい    森本 和磨
3位 シンデレラ魔法をかけて飲み会へ  板垣 英子
3位 フサフサが魔法のようにツルツルに 大野 佐由美

2017年10月 お題 早い

1位 日の出より早いと言って朝帰り   荒井貴美子
2位 他人のミス誰より早く見つけ出す  吉田利秋
3位 憎めない逃げ足早いごんたくれ   奥村十九昭
3位 早すぎるあなたのえがお夢枕    西内末子

2017年9月 お題 車

1位 ベンツなら死んだ時でも乗れるやろ   山本 和彦
2位 マイカーは良く言うことを聞く伴侶佐藤 昌弘
3位 炎天下クーラー欲しい乳母車劔持 之孝
3位 だから好き車だけが思うまま川崎 貴子

2017年8月 

夏休み中にて川柳くらぶもお休みです。
1位  
2位  
3位  

2017年7月 お題 甘い

1位 愛したら愛されるって信じてた吉田 利秋
2位 甘い密大切にして期限切れ西内 末子
3位 娘より息子に甘い妻の声 板脇 英子
3位 我が夫婦甘い囁き死語になる劒持 之孝

2017年6月 お題 ペット

1位 餌やれどペットにならぬ庭雀中森 敏博
2位 愛犬も私の愚痴におおあくび荒井 貴美子
3位 まずペットその後出てくるワシの飯大野 佐由美

2017年5月 お題 テレビ

1位 幼き日正座でテレビ他家(よそ)の居間山本 良枝
2位 その意見いつかのテレビそのまんま森本 和摩
3位 テレビっ子スマホ狂いの子を叱り星野 正一
3位 電源をそっと消されて起きてるよ劔持 之孝

2017年4月 お題 妻

1位 満塁に風呂に入れと妻の声中森 敏博
2位 「たるみすぎ」妻と言う名の免罪符森本 和摩
2位 妻よりも息子の嫁がタイプです山本 良枝
3位 ほほえみに冷気を感じる妻の顔川崎 貴子


川柳くらぶに戻る