神戸市シルバーカレッジ学園生活はクラブ活動、ボランティア活動を紹介しています。
クラブ活動
旅行・野外活動
あじさい山歩会
野鳥と自然観察会
歴史探訪クラブ
KSCエコ旅行クラブ
青春きっぷ同行会
健康旅游クラブ
有機栽培研究会
クラブ活動
体育系
旅行・野外活動
文化・語学・パソコン
音楽・芸術
ボランティア活動
ボランティアセンター
ふれあい
園芸・農園
おもてなし
文化・教育
もよおし
手づくり

KSC野鳥と自然観察会

野鳥や彼らの棲む森の自然を観察して自然に 親しんでみませんか?

定例探鳥会(次回の開催案内)

12月は 布引貯水池 ~ ハーブ園 を巡ります。
 日 時 平成29年12月2日(土) 9時30分~13時00分ごろ
行き先・コース新神戸駅 ~ 徳光院 ~ 布引貯水池 ~ 布引ハーブ園
観察のポイント ルリビタキ、シロハラ、ツグミなどの冬鳥のほか、
昨年は同じ時期にオオタカとソウシチョウを観察しています。
また布引貯水池ではオシドリ等のカモ類やカワセミも期待できます。
集合場所新神戸駅1階バス停前 (新幹線改札は2階ですのでご注意) 
集合時間午前9時30分
◎詳細は、カレッジ掲示板をご参照ください。

定例探鳥会(前回の報告)

日 時 2017年11月5日 9:30~13:00
 (10月度の菊水山は台風接近のため中止になりました。)
探鳥地神戸市立森林植物園
参加人数 在校生22名顧問・相談役3名総計25名天候:晴れ
観察コース展示館 ~ 萩の小径 ~ 薬樹園 ~ 秋草の小径 ~ 長谷池
観察概要紅葉狩り客の少ない北エリアから巡回したが、全体に鳥影は薄い。
そんな中、一度だけハイタカが高速で飛び去る姿が見られたが、一瞬のことで見損なった人もあった。
ムギマキを狙って薬樹園では大勢のカメラマンが対峙しており、われわれにもその姿が見られた。
長谷池ではカワセミに期待したが、やはり池縁に行楽客が多くて姿を見せず、カワウが鵜飼さながらに潜って採った魚を水面で飲み込む姿と枯れ木の枝で羽を乾かすのが見えた程度であった。
冬鳥、渡り鳥を期待したが、まだ少し早いのかと思われる。 (訪れてくれる鳥の数が減っていない事を祈りたい。)

【観察できた鳥】
カルガモ、カワウ、カワラヒワ、キジバト、ジョウビタキ、スズメ、トビ、ハイタカ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ホオジロ、ムギマキ、メジロ、ヤマガラ、カワラバト 計15種
鳴き声は、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ハシボソガラス 計4種
感想紅葉シーズンと三連休の日曜日が重なってか人出が多く、特に展示館から南側は行楽客の喧騒で野鳥観察の雰囲気ではなかった。 長谷池のカワセミもビビッて隠れていたのでしょう。
朝はもちろん昼間も日陰では肌寒く、冬の気配が感じられたが、冬鳥にはもう少し早いか。
今回訪れた北のエリアは一般の行楽客は少なく、これからの冬の時期には野鳥観察のポイントの1つです。 是非、再訪して下さい。

入会のご案内

・ 目  的: 野鳥を観察し、野鳥の生息する環境を知り、環境意識の向上と会員相互の親睦を図ります。
・ 入会条件 : 神戸市シルバーカレッジ(KSC)在籍者
・ 活動内容 : 探鳥会を神戸市内および近郊で月1回程度実施します。
   また勉強会や親睦会も適宜開催します。

年間行事予定 : 平成29年度「定例探鳥会」

日程場  所目 当 て
3月明石公園カワセミ、サギやカモ類
4月菊水山タカの渡りを観察
5月森林植物園オオルリ等の夏鳥やルリビタキ
6月石井ダム~烏原貯水池キビタキ、カワセミ、サンコウチョウ等
8月加古川下流ツバメのねぐら入り
9月甲山森林公園キビタキ等の夏鳥の幼鳥
10月菊水山ムギマキ、コゲラ等のキツツキ等
11月森林植物園カワセミと冬鳥、紅葉
12月布引~ハーブ園オシドリ等のカモ類、ソウシチョウ
1月甲子園浜ミサゴ、ユリカモメやカモ類
2月有馬富士公園ルリビタキやカモ類、冬鳥

その他のイベント

日程行  事場所
4月「野鳥と自然観察会」 クラブ説明会KSC学内
7月歓迎懇親会KSC学内
2月クラブ定例総会KSC学内

上記予定は、季節や気候などの事情で日程・場所を変更することがあります。
上記定例会のほか、臨時に行事を企画することがあります。
詳細はクラブ掲示板に開示します。

連絡先

代  表 : 平岡 義久(生環23期)
会  費 : 年会費1,000円 (入会金なし)
入会申込書 : クラブ掲示板の箱に申込書がありますので、
    必要事項を記入のうえ提出してください。